女性受けの悪い「ギャンブル好き」を魅力的に見せる方法

けいば 恋愛応援コラム
こんにちわ。あやとです。
私の夫の趣味が競馬なんですが、普通、女性って男性のギャンブル系の趣味って大嫌いですよね。私ももちろんそう。
 
でも、いつの間にか許容してしまっている私が居るのも事実なわけで、、

今回は、なぜギャンブルを許すに至ったかを説明しながら、ギャンブル好きが女性に魅力に見える方法を解説していきます。

スポンサーリンク

「ギャンブル」として以外の魅力を伝える

夫は付き合っている頃から「馬が好き」と言っていて、馬肉は絶対に食べないと公言していました。また、一緒に牧場に行って馬に人参をあげるなどもしました。
 
日常の生活から「馬好き」行動を徹底することで、ギャンブル好き臭さを上手く中和しており、私も微笑ましくみるようになりました。
 
夫の場合は本気の馬好きだった訳ですが、そうでない人も、意識的に「馬好き演出」することで、女性の意識を変えられることは事実なので、試してみてください。

競馬はショーという側面を強調する

けいば
競馬はギャンブルという以外に騎手が馬に跨がり、レースをする「ショー」という側面を持っています。そのショーに出ている「推し」にお金を掛けることでギャンブルになるということです。

実は広い目で見てみると、舞台を見て、気に入った女優や俳優におひねりを投げるのと大差ないわけです。

お金の流れは少し違いますが、やる側の行動としては同じですよね。

おひねりは帰ってきませんが、競馬はその推しの選手が勝利するとお金がかえってきます。
少し意識を変えるだけで、ちょっとお得な趣味のような感じがしませんか?
 
また、一口100円から掛けられるので、複雑な掛け方や一点に高額を掛けなければ、そこまで浪費になることもありません。

楽しみ方はお金を掛けるだけではないことを強調しましょう。

但し、大量にお金を掛けると本末転倒になるのでやめましょう。

天皇陛下もご覧になる伝統的なショーもある

天皇賞というレースがあります。
このレースには天皇陛下もいらしてご覧になるとのこと。
 
一度、外国人騎手が優勝後、馬を降りて礼をされたことがありました。
競馬のルールでは馬から降りることはペナルティになるそうですが、そのペナルティを省みず、日本人の象徴である天皇陛下に挨拶してくれたことはとても嬉しく、競馬を見る目が変わるきっかけになりました。

こういう騎手を目の当たりにすると応援したくなる気持ちも分かります。
特に女性はこういうのに弱いですから、是非、彼女にこの名シーンは見せてあげて下さい。

 

【天皇賞秋】M・デムーロが天皇皇后両陛下に最敬礼【名シーン】

清潔感がないというイメージを変える

ギャンブル好きはどうしても競馬新聞片手にレースをみながら叫んでいるような清潔感のないイメージが沸きます。
 
そういうイメージを払拭するだけでもかなり効果があります。
 
例えば、
  • 競馬新聞は買わず、すべてスマホで完結させる
  • レースを見て叫ばない(女性の前では見ないでも可)
  • 彼女と競馬場に行っても長居しない(レースが始まる頃には帰る)
 
どれも夫がやっていることなのですが、
レースが始まると、競馬場のおじさま達がフィーバーするので、それを私に見せないようにしてくれています。騒がしいところが苦手な女性も多いですからね。
 
ちょっとした行動で印象を変えることが出来ます。やってみて下さい。
スポンサーリンク

楽しさを共有する

競馬はあまりしないが、馬を見るのは好きだと言って良く競馬番組を見ていました。
 
その中でも夫がじっくり見ていたのは、「パドック」馬体を見て、「良い仕上がりの馬はお尻に◇が出来るんだよ。」「足がチャカチャカしていないでどっしりと自信ありげに歩いているのが強い」とか具体的に競馬の見所やポイントを教えてくれました。
 
具体的に楽しむポイントを教えてくれたことは大きく、自分も興味を持つことが出来ました。
 
また、本当に馬体ってきれいなんですよね。ツヤツヤで筋肉質な体にクリクリの目。
馬
とっても可愛いです。動物が嫌いな女性は少ないですから、「馬の可愛さ」で魅力を伝えていくのも効果的です。
スポンサーリンク

勝負勘を鍛える為のギャンブル

これはまた別の話なんですが、
私が勤めた会社の会長が競馬をする人で、その理由は「勝負感を無くさないため」でした。
 
CMでもお馴染みの企業で、恐らく誰もが知っている大会社です。
 
大事な場面での決断をするための度胸と決断力を高めるための訓練として行っているとのこと。

これは、私生活でも生かせそうと思っていました。人として大きくなるためにも必要な事なのではないかと。

この出来事で私の中でも競馬に対する抵抗感が少し弱まっていたことも許容の原因の一つです。

スポンサーリンク

イベント感覚で楽しめるようにする

ひょんな事から、私達は他の競馬好きカップルと集合して競馬を見に行くようになりました。
 
もちろん見に行くときは、騒がしくない観覧席に行きます。
 
レースをみた後はそのカップルと食事をしてその日を締めくくります。
そのカップルとは、競馬を通じて友人関係になったのですが、とてもいい関係です。
 
こういった新たなコミュニティーを作ってイベント感覚で遊びに行けるようになると、
ダブルデートで「映画」や「コンサート」に見に行くような感覚になるので、女性側もとても楽しめます。
 
こういった友達が出来てくると、自分も楽しめるので、競馬しないって言ってたのに、めっちゃしてるじゃん!といったイラついた気持ちが不思議と薄れてきます。
 
最近のJRAのCMもそういうイメージを大切にしている感じがしますよね。
 

JRA CM 2017年版の全17本まとめ

しかし実際、競馬場に行ってみると、騎手の皆様に罵声を浴びせるような、おじさま達がいっぱい居ますので、そういうところには行かないように男性側がエスコートしてあげると良いと思います。
スポンサーリンク

まとめ

上記ように、女性の持っているギャンブルの悪いイメージを如何に崩せるかが重要です。
 
今回は競馬を例に挙げて話しましたが、
競艇では「ボート」や船の魅力を伝えて、「船の科学館」とかに行ってみたり、
 
パチンコなら、グラフィックの綺麗さやアニメーションのストーリーなどを一緒に楽しむ事で、悪いイメージを払拭出来るかもしれません。
 
ギャンブル好きは彼女が出来ないと悲観したする必要はありません。
 
ギャンブルにも必ず「歴史」や「ドラマ」があります。そういったことを彼女に話してあげると
理解を示してくれやすくなりますのでやってみてください。
どちらというとギャンブルをしていることを彼女に黙っているとバレた時に喧嘩になったりしますので、お互いに楽しめる道を探すことで、理解を得ることが出来るようになりますよ。やってみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました