ローランドに学ぶ!モテる男のデートプラン待ち合わせ場所の選び方

恋愛応援コラム

新米ホストの教育するローランドさんの番組を見ました。その名もHOST-TV。

今回はそこで話されていた女性への気遣いを参考に、一般のデートでも使えるように咀嚼して解説していきます。

今回参考にしているローランド氏の発言は、初めての同伴での記念日デートのプランということ。

同伴とは?

わたしはホスト通いはしたことがないので、同伴の意味が分からなかったので、少し解説します。

同伴とは、ホストと出勤前に食事などの短時間のデートをして、その後お客さんと一緒に出勤する事です。

店舗の中では、他に指名があったりしたら一人じめできないですからね。お気に入りのホストをひとりで独占できる機会のようです。

スポンサーリンク

ローランド氏の待ち合わせ場所選び方のポイント

さて、本題のデートプランについてですが、待ち合わせ場所は、待っていても苦にならない場所を選ぶ事がポイントです。

ローランドは、新人ホストが待ち合わせ場所を六本木の交差点と言ったのに対し、5つ星ホテルのラウンジを指定。

外で待っていると声を掛けられたりしてしまう女性に配慮した場所選びをしました。

最近は、夏場はとても暑かったり、ゲリラ豪雨が発生することもありますし、屋根のある場所での待ち合わせ自体はとてもスマートだと思います。

スポンサーリンク

その他おすすめスポット

一般人はローランドのような5つ星ホテルには抵抗がある方は、カフェや喫茶店での待ち合わせでも良いでしょう。

喫茶店

時間に余裕をもってカフェで待ち合わせしてみましょう。後払いのチェーン店以外のカフェでお会計をすませてから合流をすると、とてもスマートでかっこいいですね。

次の移動を考えて

次の移動を考えて、駅付近での待ち合わせを好む人も多いですね。
その場合、改札口で待ち合わせは味気ないです。

駅近にもカフェはありますよね。その場合はスタバやドトールのようなチェーン店でも、仕方がないでしょう。

出来れば、チェーン店でも、二人で向かい合ってゆっくり座れる席がある店がいいですね。カウンターだけでいすが固定されていて動かないタイプはダメです。

更に、その場合は先に待ち合わせ場所に到着する事が大切です。

「のど乾いたからスタバにいるね。○ちゃんはなにがいい?頼んでおくよ。」

そう声をかけてあげると良いですね。
もしいらないと言われたら、

「折角だし、少しゆっくりしよう」といってあげましょう。

デートのはじめの雰囲気作りは大事なので、せかせかしない空気づくりを心がけてみてくださいね。

魔法の言葉

これを覚えておけば、今後待ち合わせには、苦労しないという一言をお伝えします。

「カフェが嫌いな女子はいない」

です。

カフェが嫌いな女子はそんざいしないので、とりあえずこの言葉を覚えておけばOKです。

いろんな記事を読んで待ち合わせ場所をどうするか迷って、時間を無駄にする必要はありません。

昼~夕方のデートなら、迷わず、カフェを選びましょう。

夕方~夜なら、ローランド氏の言うようなホテルのラウンジや、夕飯を頂くお店に直接集合でも大丈夫です。

多少の遅刻などの時間を気にせずゆっくり待てる待ち合わせ場所を選ぶことがポイントです。

スポンサーリンク

デート場所の選び方

オシャレな街、普段は行かないようないわゆるデートスポットを選びましょう。

ローランドのお店は新宿歌舞伎町ですが、
六本木で待ち合わせしていました。
車で20分ほどの距離です。

仕事帰りのデートなら、そのまま真似しても良いですが、昼からのデートなら、別の場所でデートして、最後の締めに六本木をチョイスしても良いでしょう。

大人のデートが出来ます。

首都圏以外にお住まいの方は、「六本木」なんて中々いけないですよね。

そういう場合は、誘う女性が良い印象を持っている街、普段行きなれないオシャレな街、などを選んであげると良いですね。

六本木以外の街にも魅力はいっぱいあります。場所にとらわれずに、その街の持つimageを大切に、デートスポットを選んであげれば、必ず喜んでもらえるはずです。

スポンサーリンク

真似できるところは真似しよう!

私もこれまでいくつか、女性にモテるための記事を書いてきましたが、モテるために最も大切なことは、男気と女性への気遣いが最たるものと説明してきました。

モテるための方法は色々あり、プレゼントの選び方とか、会話の盛り上げ方とか、細かいテクニックありますが、それ等は言ってしまえば、全て小手先のテクニックで、最終的に行き着く点は、男気と気遣いだと思います。

気遣いを極めれば、女性の今欲しがっている物がわかるわけです。

ローランドは、ホストに最も大切な物は、「洞察力」と言っていました。

洞察力→気遣いですね。

とても納得できます。

しっかり観察する事で、女性の欲する物を理解し、提供するんです。そりゃモテますね。一般男性のみなさんも、真似出来るところはぜひ真似しましょう!

 

関連記事:好きな女性にプレゼントする時のおすすめ3選と選び方のコツ
    :女性受けの悪い「ギャンブル好き」を魅力的に見せる方法

こちらもおすすめ:付き合う前に贈ってはいけないプレゼント4つ
まわりから普通にモテそうと言われるのに何年も彼女が出来ない人の特徴

コメント

タイトルとURLをコピーしました